Adobe AIR for Android を試してみた

| コメント()
クリップボード01.jpgクリップボード02.jpg

 なけなしの収入をはたいてXperia arcを購入したので、さっそくAdobe AIR for Androidで作ってみました。
作った物は「音声を指定位置から再生する機能」が付与されているだけのごく単純なアラームアプリ。

 分かった事は、

  • 単純なアプリケーションであれば、少なくともXperia arc上での実行速度は問題ない
  • PC向けのAdobe AIRアプリケーションのコードぼそのままで問題なく動く
  • UIライブラリ「MadComponents」を試してみたが、意外と使い易い

 正直、かなりの好感触。

 実行速度については充分な検証が必要だけれども、ActionScriptは物理演算ライブラリが充実しているので、Adobe AIRで作る事で少なくともPCとAndroid端末間でのソーシャルアプリの移植が容易になりそう。

 これでAdobe AIR for iOSが期待通りの物であるならさらにAndroid端末とiPhone間でのソーシャルアプリの移植が楽になり、事実上ソーシャルアプリのマルチプラットフォーム化が可能に。 これからに是非期待したい。

コメントとトラックバック

このブログ記事について

このページは、冨永和志が2011年5月 9日 21:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Joda-Timeで期間を扱う」です。

次のブログ記事は「sleep sortをActionScript3で実装してみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。