google-ime-skkのWindowsサービス化

| コメント()
 google-ime-skkが素晴らしく便利なので、Windowsサービス化する事にした。
意外とつまずいたので、忘れないように下記にその手続きを書いておく。
なお、ActiveRubyが導入されており、google-ime-skkが正常に動作する前提で話を進める。

  1. win32-serviceのインストール

    こちらの記事を参考にインストール。 ここが一番つまずいた。
    「nmakeがコマンドとして認識されていないだの」「winsock2.hが見つからない」と言われてなかなか上手くいかなかったが、Microsoft Visual C++ 2010 ExpressをインストールしてVisual Studio コマンド プロンプト (2010)から実行であっさり成功した。
  2. サービスに登録するRubyスクリプトの作成

    google-ime-skkファイルを参考に下記の内容のスクリプトを作成
    #!D:/bin/ruby-1.8/bin/ruby.exe -Ku
    #
    # This file was generated by RubyGems.
    #
    # The application 'google-ime-skk' is installed as part of a gem, and
    # this file is here to facilitate running it.
    #
    
    require 'rubygems'
    require 'win32/daemon'
    include Win32
    
    class Daemon
      def service_main
    	version = ">= 0"
    
    	gem 'google-ime-skk', version
    	load Gem.bin_path('google-ime-skk', 'google-ime-skk', version)
      end
    
      def service_stop
        exit!
      end
    end
    
    Daemon.mainloop
  3. スクリプトをサービスに登録

    2.で作成したクリプトを上記の記事を参考にサービスに登録。

コメントとトラックバック

このブログ記事について

このページは、冨永和志が2011年5月27日 16:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「sleep sortをActionScript3で実装してみた」です。

次のブログ記事は「株式会社タイレルシステムズに入社しました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。