Joda-Timeで日付のみ、時間のみを扱う

| コメント()
 Java Advent Calendar 2011 の9日目を担当する事になりました冨永です。
8月末をもってタイレルシステムズを退社しまして、現在お仕事募集中です。

 今回の記事は去年に引き続きJoda-TImeの紹介です。

 Javaの標準APIでは日付だけ、時間だけを扱う事はできませんが、Joda-TImeでは日付だけ、時間だけを扱う事ができます。
また、日付情報と時間情報から日時情報を作成する事も可能です。

import org.joda.time.DateTime;
import org.joda.time.LocalDate;
import org.joda.time.LocalTime;


public class JodaSample {

	/**
	 * @param args
	 */
	public static void main(String[] args) {
		// 日付のみ
		LocalDate date = new LocalDate();
		System.out.println("date: " + date.toString());
		// 時間のみ
		LocalTime time = new LocalTime();
		System.out.println("time: " + time.toString());
		// 日付情報と時間情報から日時情報を作成
		DateTime datetime = date.toDateTime(time);
		System.out.println("datetime: " + datetime.toString());
	}

}

 出力は下記のようになります。

date: 2011-12-09
time: 14:39:18.913
datetime: 2011-12-09T14:39:18.913+09:00

 日付のみの情報はLocalDate、時間のみの情報はLocalTimeを使います。
LocalDateとLocalTimeはその性質上、TimeZoneと関連付いていないので注意してください。

 Java7では見送られてしまったJoda-Timeを参考にした新しいDate/Time APIがJava8には搭載されるそうなので、楽しみですね。

 お次のJava Advent Calendar 2011は10日目、担当はykubotaさんになります。

コメントとトラックバック

このブログ記事について

このページは、冨永和志が2011年12月 9日 14:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「株式会社タイレルシステムズに入社しました」です。

次のブログ記事は「Google AppsアカウントでGoogle+」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。