2013年12月アーカイブ

ご挨拶

 この記事はAdobe AIR Advent Calendarの2日目なります。 担当はKazushi Tominagaでお送り致します。

 今回は私が愛用しているFlashDevelopと、非常に注目しているHaxeで、Adobe AIRアプリケーションを作る方法を書きたいと思います。 Haxeの解説はJavaScript実行環境の記事が主で、ActionScript実行環境の記事が少ないように感じたのがその理由です。

FlashDevelopって何?

 オープンソースで開発が進められている素晴らしいIDEです。 Windowsで動作します。
http://www.flashdevelop.org/

 非常に完成度が高く、私がAdobe AIRアプリケーションを作る際は主に利用しています。 詳しく知りたい方は@bkzen氏のブログを読むと良いでしょう。 最新情報が丁寧にまとめられております。

Haxeって何?

 ActionScript3に近い文法を持つトランスコンパイル言語です。
http://haxe.org/index.n?lang=jp

 ActionScript3の良いところはできるだけそのままに、強力なパターンマッチや型推論などをサポートしています。

 詳しく知りたい方は、

JSXよりHaxeがイケてる5つの理由(実践編) もしくは Real World Haxe - みずぴー日記
http://d.hatena.ne.jp/mzp/20120613/jsx

Haxe の特徴 - Haxe
http://haxe.org/doc/features

 を、読むと良いでしょう。 特に@mzp氏の記事は実際の開発に基いた有用な記事です。

FlashDevelopでHaxe AIR AS3 Projectを作ろう

 何も難しい事はありません。 FlashDevelopを導入して起動したら、新規プロジェクトを作成して下記を選ぶだけです。

2013-12-01_144933.jpg

 プロジェクトを作成したら既に実行できる状態になっています。 試しにメニューから[プロジェクト]->[プロジェクトをテスト]を選んでみましょう。

2013-12-01_145947.jpg

 実行できました! もしここでエラーが表示される場合、メニューの[プロジェクト]->[プロジェクトの設定]からプレイヤーのバージョンを下げてみてください。

 実行できる事を確認できたら、後はActionScript3でAdobe AIRアプリケーションを作る時と同じように、Haxeで書いていくだけです。 PackageApp.batを実行する事で.airに変換できます 詳しくはFlashDevelopでAIRを作る際の下ごしらえレシピなどを読むと良いでしょう。

おまけ : UIはどうするの?

 上記の@mzp氏の記事にある通り、Adobe Flexは利用できません。 記事中のAsWingが安定だと思いますが、私はHaxe UIに注目しています。

Haxe UIって何?

 Haxe用のUIコンポーネントライブラリです。
https://github.com/ianharrigan/haxeui

 Swingの移植であるAsWingと違い、Adobe Flexを元にしているらしくほぼ同じコンポーネントを持つ他、XMLで画面定義できたりするあたりもAdobe Flexと同じで、馴染んだ人には非常に使い易い造りになっています。

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。