海色日報でタグ「elona」が付けられているもの

所属(Factions)について

| コメント()

所属(Factions)とは?

 これはゲーム「The elder scrolls series 4 : Oblivion」のMOD「Oscuro's Oblivion Overhaul」をモデルにしたもので、そのキャラクターが依存する組織や群に当たります。

 omake_overhaulでは更に拡大解釈されており、「そのキャラクターが依存する何か」の総称という事になっています。
具体的には信仰やギルド、組織や派閥といったものから、群れや性格、体質など全てが所属に当たります。

 所属の情報はfaction***.s?という名前のファイル名で保存され、既存のセーブデータに変更を加えません。 これにより、vanillaや他のヴァリアントへの移行を可能にしつつ、様々な機能拡張を実現します。

所属「アライメント」について

 これはTRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」をモデルにしたものです。

 将来的には町人や行商人との取り引きや、ガードや冒険者との友好や敵対に大きな影響を与える要因にしたいと思っています。 しかし、今のところは、ほとんどお飾りに過ぎません。

所属「類」とそれによる敵対関係

 現状で重要なのはこちらです。 類とは群れの一つであり、モンスターの種族を最も大まかに分類したものです。

 vanillaでは全てのモンスターが一つの場所に集まり、何の問題もなく素直に共存していました。 しかし、もうそんな事は起こりません。 モンスターは派閥争いの結果それぞれの住処を定め、住処の定まっていないモンスターは自らの生存の為に、他のモンスターと命がけで闘います。

 具体的な話をしましょう。 あなたは強力なアンデッドモンスターと遭遇した。 あなたの実力では彼に敵わない。 しかし、あなたは彼を退けて先に進む必要がある。 そこであなたは野生召喚の魔法を使った。 出現した野生動物はあなたを無視し、アンデッドモンスターに突撃する。 その隙にあなたは脇道を抜け、階段に到達する事ができるでしょう。

 これは、ほんの一例に過ぎません。 類とそれによる敵対関係により、起こりえるゲームの筋書きは幾通りにもなります。

 どのモンスターがどの類に所属しているのかはあえて書かれていません。 しかし、概ね想像通りの類に所属しています。

所属「信仰」について

 omake_overhaulでは、信仰を所属の情報として管理しています。 これにより、移行を可能としつつ、vanillaには存在しない神の信仰が可能になりました。 財のイナリや水のダナリン、カスタムゴッド機能はその成果です。

所属「性格」について

 全てのNPCはいずれかの性格を得るようになりました。 「特徴と体質」のページで見る事ができます。

 今のところ、性格はゲームバランスとは何の関係もない、ただのお飾りです。 性格による能力ボーナスや思考ルーチンの切り替えも考えましたが、検討の末、却下しました。 性格とは非常に多種多様なもので、omake_overhaulでもそのようにしたいと思います。 それを能力ボーナスや思考ルーチンで表現するのは現実的ではないからです。